新世代のフルHDモバイルプロジェクター、「暗い、解像度が低い」なんてもう言わせない!

最近はやりのモバイルプロジェクター。

買ってみたはいいけど、実際に使用してみるとどうですか?

  • 光源が弱くて真っ暗な部屋でしか使えない。
  • 解像度が低くてせっかく投影してもボケた映像になってしまって残念文字が読み取れない。
  • コントラスト比が低くて全体的に色潰れした映像でがっかり。

こんな感じでせっかくのガジェットも箪笥の肥やしになっていませんか?

↓↓ 家庭用据え置き型にも引けを取らない高性能モバイルプロジェクタ↓↓

プロジェクターで大事なのは、光源、解像度、コントラスト比です。

モバイルだろうが家庭用の据え置き製品だろうがプロジェクター選びの絶対的3要素が

  • 重要度 高 :光源
  • 重要度 高 :解像度
  • 重要度 低 :コントラスト比

ですが、これらの要素はモバイル用の小型製品ではどうしても強化しにくいのが事実です。実際に販売されているプロジェクターの各要素の値で纏めたのが下の表になります。

家庭用 モバイル型 FunLogy
光源 1000~2000ルーメンが一般的 100~500程度が一般的 1200ルーメン
解像度 最近の主流はフルHD
(フルHD=1920×1080)
XGA未満が一般的
(XGA=1024×768)
フルHD
(フルHD=1920×1080)
コントラスト比 1,000:1~10,000:1程度 800:1~1,000:1程度  10,000:1

全ての値が家庭用を凌駕!

モバイルでは脅威の1200ルーメン。光源(ルーメン)が高い!

光源が弱いと明るい場所では映像が良く見えなくなってしまいます。映画館の様に真っ暗な部屋で使うならいいですが、ご自宅や訪問先に暗室や暗幕がある部屋なんてそうそう有りません。

モバイルプロジェクターではその大きさ、バッテリー容量などのために100~500ルーメン程度の商品が殆んどで、明るい場所での使用には力不足です。

ところが、このほげほげはモバイルプロジェクターでは驚異の1200ルーメンを誇ります。

しかも内臓バッテリーのみでこの明るさを実現!

解像度がすこぶる高い!モバイルてフルHDを実現!

家庭用の据え置き型でもフルHD解像度が当たり前になったのは、ここ数年の事です。今でも、廉価な商品では1280×720の解像度だったりしますのでモバイルでフルHD解像度は凄すぎです。

解像度が低いと文字潰れが発生しやすくなります。せっかくのプレゼン資料も文字が読めないなんてことが無い様に高解像度のプロジェクターを選びましょう!

公式の動画

↓↓ 詳しくは公式サイトをご覧ください↓↓

これだけの性能でもしっかりモバイル、iPhone5と同等の大きさ



これだけの高性能だと大きさが気になりますが、上の画像でも分かるように一般的なスマホよりちょっと大きい程度です。Xperiaの様な大型液晶のスマホと比べれば、それよりも小さいほどです。

※厚みは光源や大容量バッテリを搭載していますので一般的なスマホの2倍くらいありま

三脚も付いて付属品も充実

電源コードはUSBなのでPCからの給電やモバイルバッテリーからの給電も可能なので、バッテリー容量を気にせず使えます。

モニタとのインターフェースでは今や一番ポピュラーなHDMIケーブルも付属しますのでPCやDVDプレーヤーとの接続もOK

フレキシブルアームの三脚も付属しますのでどんな場所でも設置、投影が可能です。

MiracastやDANA/AirPlayに対応。WiFi接続も可能なのでスマホとの連携も簡単です。

MiracastやDANA/AirPlayで接続できるのでiphone、android問わず、スマホと連携が可能です。WiFiでスマホと接続すればスマホに保存した画像や動画もすぐに投影できます。スピーカーも内臓していますので、家族や友人と集まって旅行やイベントの写真、動画を見て盛り上がれること間違いなし!

MicroSDカードスロットも搭載、ガラケーの写真も楽しめる。

MicroSDカードから直接画像を投影できます。ガラケーやデジカメの写真もサクッと投影できます。

今なら特別価格で12,000円引き

2017年10月現在、公式サイトでは12000円の値引き&送料無料キャンペーンを実施中です。

さらにLINEのお友達追加で1000円から最大5000円OFFのクーポンがもらえるキャンペーンも併せて実施中です。

↓↓ 詳しくは公式サイトをご覧ください↓↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク