ホットプレートはもう古い。グリル鍋で鉄板焼から鍋、パエリアまで出来ちゃいます。1人用から家族向けまで。

グリル鍋ってどんな物?ホットプレートの違いは?

ホットプレートの様に焼肉も出来て、更には鍋料理からパエリアまで、食卓で調理が出来ちゃう、最近話題の「グリル鍋」。

グリル鍋ってどんなもの?グリル鍋の特徴やホットプレートとの違い、オススメのお料理から、選び方まで。

グリル鍋の特徴

グリル鍋と言うものを始めた聞いた方も居るかも知れないので、グリル鍋の特徴を見ていきましょう。

スポンサードリンク

深さが特徴。鍋料理やパエリアが卓上で調理可能。

グリル鍋は基本的な構造はホットプレートとあまり変わりません。ホットプレートとの大きな違いは、名前の通りで調理する部分がプレートではなく、深さのある、お鍋の様な形状をしています。

お鍋と言っても、ホットプレートの様にテフロン加工やフッ素加工の様な焦げ付き予防の加工が施されています。

また、象印からは、土鍋風で直火調理にも対応の白い鍋も付属するので、キッチンで下ごしらえをして食卓でアツアツの鍋料理も楽しめます。

土鍋風なべ

土鍋風なべ

IHヒーターで高火力

加熱方式はホットプレートにはあまり採用されていないIHヒーター式の物も多く販売されています。

IHヒーターの一般的な特徴は、電気ヒーターよりも高火力で、プレートがムラ無く加熱されます。

コイズミ IHグリル鍋

コイズミ IHグリル鍋

大家族にはちょっと不向き?。鍋料理なら問題ないです!

卓上グリル鍋は大型の物では10号(直径約35cm)で5人前くらいの鍋料理を作ることが可能です。

鍋料理では問題ないですが、ホットプレートとして使う場合はちょっと小さいと思います。ホットプレートでの鉄板焼きなども頻繁にしたい場合は、別途大き目なホットプレートを用意した方が無難です。

コイズミIHグリル鍋(ホットプレート)

コイズミIHグリル鍋(ホットプレート)

ホットプレートとの違い

特徴にも書きましたが、調理部分の深さが違います。ホットプレートと比較するとかなり深さがありますので、ホットプレートでは作りにくいパエリア、鍋料理が簡単に食卓で作れます。

テフロン加工などの焦げ付き防止加工がされているお鍋なので、ちょっと深くてもそのまま鉄板焼きなどもできます。

商品によっては鉄板や、たこ焼きプレートなどのオプションがあり、3~4人程度までならホットプレートの代替としても充分に活躍してくれるのがうれしいです。

タイガー グリル鍋 深鍋 たこ焼き 焼肉 プレート 付き

グリル鍋で出来るオススメレシピ

グリル鍋を使ったおすすめのレシピをご紹介!

冬の定番、グリル鍋で鍋料理

冬の食卓と言えば鍋料理!グリル鍋ならコンセントを刺すだけで食卓で美味しい鍋料理が出来ちゃいます。

もつ鍋

スーパーでももつ鍋セットなどでボイル済みのもつともつ鍋用のお出汁のセットが販売されています。お手軽に作るならセットも良いですが、生のもつから作るつとコラーゲンたっぷりのもつ鍋が作れますよ!

もつ鍋

もつ鍋

好きな具材をどしどし入れちゃうちゃんこ鍋

ちゃんこなべって鍋料理の種類なんですかね?水炊き風のお鍋からスープで炊いた物など、実は特に決まったスタイルは無いようです。好きな具材と好きなお出汁で作るちゃんこ鍋は如何でしょうか?

ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋

グリル鍋ならパエリアだって簡単に出来ちゃいます

火力調節も自在なグリル鍋ならマニュアルのレシピ通りに調理すれば本格的なパエリアだってできちゃいます!本物のパエリアパンで炊くと焦げすぎちゃったり、逆に水分が多すぎてべちゃべちゃになったりしがちですが、グリル鍋なら失敗無しです!

パエリア

パエリア

付属のプレートで鉄板焼やたこ焼きだって出来ちゃいます。

こちらはグリル鍋としてと言うよりホットプレートととしての使い方です。2~3人程度なら鉄板焼き用のホットプレートとしても十分なサイズがあります。

鉄板焼き

鉄板焼き

付属やオプションのたこ焼きプレートを使えばたこ焼きも出来ちゃいます。

たこ焼きプレート

次のページ「おすすめのグリル鍋」

シェアする

フォローする

スポンサーリンク